山形県上山市正八幡神社 工事進捗状況

【正八幡神社】  1600年最上家の家臣だった里見氏が再建 宝永2年(1705年)当時の上山城主・松平氏によって社殿が造営され、現在に至っています
老朽化が進み 改築工事をすることになりました


2009年7月24日  改築工事 着手


300年前に建てられ、歴史の重みを感じます


長い年月、経過して傷みが激しくなっていました


解体の時に発見された墨書です


2009年10月20日秋祭り後 いよいよ解体です


2009年11月3日 起工式
工事の順調な進捗と安全を祈願する式です


宮脇地区の部落の方から譲り受けた杉の木を神社の改築に使わせていただきます


基礎工事(ベースコンクリート打設)


土台となる大事な工事です


入口向拝(玄関部分)です


基礎工事のコンクリートの検査もきちんとやりました


材木の加工が順調に進んでいます


設計事務所・大工さん・鞄o建 念入りに打合わせ中


一本一本 丁寧に加工しています


大工さんの熟練した腕が光ります


境内にあった御神木(欅)の加工に悩みます


2010年3月16日建物の永遠堅固を願う立柱式です


立柱式の時の立派な柱ですね

いよいよ木材の搬入です



2010年 3月下旬 建て方開始



2010年3月26日 建て方が始まりました


向拝の柱の部分です


建て方 クレーン作業です
木を引き締めて!!!


神社拝殿正面の部分です


ここが神社正面から見たところです


神社の壁板が見えてきました


2009年7月24日  改築工事 着手
2010年3月26日  建て方
2010年4月25日  上棟式


これからの予定
  2010年 5月      屋根板金工事
  2010年 6月      屋根工事本格化 内部建具取付け工事
        7月       いよいよ 完成
        9月      秋祭りは 新しい神社で盛大に行われます      


トップページへ